【希望】小池知事 代表辞任の意向を表明 両院議員総会

18pt   2017-11-15 02:30
にゅーすまとめ

1: 2017/11/14(火) 17:21:26.43 _USER9 東京都の小池知事は、希望の党の両院議員総会で、「代表の座を降りて、しかるべき形で、皆さんをサポートしたい」と述べ、新しい執行部が発足し、党の態勢の構築に一定のめどが立ったことから、今後、都政運営に専念したいとして、代表を辞任する意向を表明しました。

希望の党は14日の両院議員総会で、党運営の要となる幹事長に古川元久元国家戦略担当大臣を起用するなどの人事案を承認し、新しい執行部が発足しました。

これを受けて、東京都の小池知事は「国政については、やはり国政の皆さんにお任せしたい。党の方向性は決まっているので、私は代表の座を降りて、しかるべき形で皆さんをサポートしたい。創業者の1人として、心を分かち合えるように、日本の希望の星として輝けるよう、必要なお手伝いをしたい」と述べ、党の態勢の構築に一定のめどが立ったことから、今後、都政運営に専念したいとして、代表を辞任する意向を表明しました。

小池氏は、ことし9月、希望の党を立ち上げて、みずから代表に就任し、民進党の前原前代表との間で、両党が事実上、合流する方針を決めましたが、安全保障関連法に対する考え方の違いなどから、民進党は分裂しました。そして、衆議院選挙では、100人を超える民進党出身者など、過半数を上回る235人を擁立しましたが、選挙前の57議席を下回る、50議席の獲得にとどまりました。

これを受けて、小池氏は、みずからは代表を続ける一方で、今後の党運営は、国会議員に委ねる方針を示していました。

11月14日 17時14分
NHK NEWS WEB
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7771544&name
   2ちゃんまとめアンテナ21トップページへ
の話題が沢山。